名鉄3800系を組んでみる

 5500系以来のプラキットがうれしくてながめるだけで数日が過ぎてしまった。せっかく購入したのだからおっかなびっくり組んでみました。
 無骨なGM製品ばかり組んでいたせいか、このキットは繊細で触ると壊れてしまいそう。成型色も白っぽくモールドも細かいせいだろう。表面もやけに油っぽく感じる。今までは組み立て後に中性洗剤で洗浄していたのですが、このキットは組む前にもしっかり洗浄する必要がありそうです。
 GM製品のように正面オマケパーツがついていて、他社譲渡車の製作も可能だが、肝心の3800系の渡り板が張り出し過ぎ。加工しやすいよう別パーツにして欲しかった。そのくせアンチクライマーから下の部分は一体で別パーツ。このままストレートに組むと2両編成限定となり、連結解放を楽しむためにはそれなりの切り欠き等加工が必要となります。
 床板はTNカプラー取付可能になっていますが、正面パーツの裏を削らないと入らない。これは連結面間が狭くなってしまうことを回避するためで(名鉄の連結面間は広い)手間は増えるがうれしいところです。しかし側面の床板を止めるリブの位置がエラーで、このままだと腰高になってしまい修正が必須という残念な部分もあります。
 貫通扉の手すりは名鉄電車の特徴ですが、Nゲージにすると壊れやすい部分でもあり、連結解放も楽しみたいから私が今まで制作してきた模型では省略してきました。しかしこの3800系の正面パーツには手すりを取り付ける欠き取りがあるうえ、手すりを付ければ連結時にお互いが干渉するのは必至、おまけに手すりパーツはいとも簡単に折れます。今回は真鍮線で手すりを作り直しましたが、今後はどう処理するか思案中です。
 現時点では屋根を取り付けるのは塗装後にするかどうか、動力をどうするか等で、□状になったところで止まっていますが、制作が進行次第アップして行こうと思います。そういえばこのキット発売の影響で京成青電制作が止まったまま。アァ仕掛品がまた増えていく…。
by tank2pc | 2005-06-17 11:18 | 名鉄3800系

カテゴリ

名鉄7000系
名鉄7500系
名鉄5200・5500系
名鉄3400系
名鉄3700系Ⅱ
名鉄3730系
名鉄3780系
名鉄3800系
名鉄3500系
名鉄3550系・モ3561
名鉄800系
名鉄デニ2000形
名鉄180・400形
名鉄1380系
名鉄7100系
名鉄3300系Ⅱ
名鉄6000系
長電2000系
地鉄10020形
京急
北総7150形
京成
新京成
関東
関西
地方私鉄
非電化
旧国
フリー
鉄コレ
模型制作今昔
地面
模型と実車
パノラマカー雑感
模型雑記
雑記

最新の記事

名鉄3700系列HL車
at 2018-06-22 22:57
お久しぶりでございます。
at 2018-06-14 21:49
懐かしの電車から〜京急230形
at 2015-02-15 18:52
懐かしの電車から〜東急3500系
at 2015-02-08 17:42
新京成とピンク
at 2015-01-25 20:49
記憶の中の電車達
at 2014-12-27 20:15
久し振りの模型〜小田急デニ1..
at 2014-03-21 20:53
新生「名鉄」最初の新型車 3..
at 2013-11-20 01:11
台風26号が去って……
at 2013-10-17 01:26
運輸省規格型のHL車 名鉄モ..
at 2013-10-05 22:09

以前の記事

2018年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

最新のトラックバック

パノラマカー(P6編成)..
from Sharala Blog

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧