完成するのかしないのか…。本人でもわからない模型制作記。
by tank2pc

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者ツールズ

ブログパーツ

フォロー中のブログ

とれいんスピリッツ
taka@でございます!
古い記憶の中の駅を探して
中央駅業務日誌
資料館の書庫から
湘南ジオラマ
鉄道趣味などのブログ
ふかしゃ工房
鉄道模型製作記
SHARALA
やるき30%のブログ
LMの鉄道模型ブログ
OKIの20年工作
マルコ脱落者の空飛ぶかん...

外部リンク

Official

ライフログ

新生「名鉄」最初の新型車 3400系

 昭和10年に名岐鉄道と愛知電気鉄道の合併により現在の名古屋鉄道が誕生しました。確かに会社は統一されましたが、実際は名岐が西部線、愛電が東部線に変わった程度のものでしかなかったのではないでしょうか。というのも東西連絡線の完成はまだまだ先のことで、線路は繋がっていなかったのですから…。

 旧東西両社の性格は全く異なり、西の名岐のメインルートは3つの会社の路線を合併等により最終的に新会社が結んだことによって形を成したインターアーバン。電圧こそ600Vだが車両の制御方式は自動加速が主体であった。
 一方、東の愛知電気鉄道の車両は手動加速であったが電圧は1500V。愛電有松線の延長線である豊橋線は75kw×4の車両でも表定速度60km/hを可能にする高規格路線。現在でも豊橋〜知立間(約43km)は、快速特急の表定速度90km/h超は民鉄界トップクラスのスピードです。

 まあ、回りくどく遠回りしましたが、ここで言いたい事は西がAL車で東がHL車であったという事です。

 そして昭和12年、新生名鉄として初の新車が誕生します。高回転型主電動機、回生制動、定速制御機能などの新機軸を取り入れ正面は流行の流線型。形式は大ドス3300に続く3400番。
 東部線用初のAL車としてご存知「いもむし」3400系は登場しました。しかし、決して友好状態ではなかったと言われる東西関係。これでは西側が黙っている訳にいかないのは想像つきます。
 そこで登場したのが、これまたご存知「なまず」850系。しかし、850系は800系の増備車の位置付けでしかなく、3400系に対して急遽流線型として設計変更されたというのが現実のようです。確かに実車に接する事ができた者として、明らかに両車の格差を感じるのは私だけではあるまい。

 対抗意識のある東西になぜ同等の新車を入れなかったのか?当然ながら詳しい事は全くわかりません…。ただ経営的に厳しかった旧愛電である東部線を立て直すためには新機軸満載の新車導入は様々な面から見ても当然の事であったと思えます。
 また、経営は良好であった旧名岐・西部線も東部線に負けない高速区間を持っていながら600Vではあまりにも役者不足であり1500V昇圧は急を要す事項でありました。そして、両者を束ねる新生名鉄は東西連絡線の完成を急がねばならない、そんな時代背景であったのでした。

 さて、当時の高性能車である3400系は、東部線ではスーパーカーであり活躍を期待される訳ですが時局は戦時体制に入り、厳しい中で東西連絡は形になるのですが西部線の昇圧が遅れ、東西直通が実現するのは戦後の昭和23年。東西直通特急は4連が基本となり規格型新製車3800系がメインに投入され、3400系が本線優等運用に入る事はまれであったとの事です。

 連結を考慮していない事が足かせであったため、順次中間車を組み込み4両編成になったのは昭和28年。3900系と共に晴れて本線優等仕業に就くのですが、時代は2年後にカルダン車5000系を登場させます。それは、もう吊り掛け車は時代遅れと宣言したに等しく、怒濤のように登場するマイナーチェンジ車の登場で一気に世代交代が進んだのです。

 さて、3400系の先進的装備のひとつの回生制動は、保守的な中京圏の鉄道としては画期的な事であったと思われます。ただ残念な事に当時の東部線の列車本数が少なくて有効に活用できなかったり、回生制動による帰線電圧に変電所が耐えられなかった等々〜から早々に使用停止になったようです。時期尚早であったのかもしれませんが、早くから新性能化に着手しながら、その結論を出す事に最も遅れてしまったのも独特の地域の事情があったからなのですが、いち早く新機軸に着手する意欲は関東関西の私鉄に劣る事はありません。

 特殊なデザインの車両は、不思議と戦中時もクロスシートを残す事を許され、後に登場する後輩車両が先に鬼籍に入るなかで、名鉄最後のAL車を飾った事は、この車両が登場時から背負った運命であったのかもしれない。この会社はそんな電車を造る事に秀でた会社なんです。私にとってはパノラマカーがそれに当たります。
 だけど、もう無くなった車両にどうこう言う気はありません。それより、ファンをうならせる新しい名鉄電車を創り出して欲しいのですが、今の名鉄にできるかな〜。



 ここから模型のお話です。今でこそNゲージのメーカーとしての地位を確立したようですが、数年前はとてもほめられるような事はありませんでした。必ずガッカリさせる事をしてくれたメーカーでありました。
 特にレアな形式を製品化してくれるのはありがたいはずなのに、考証不足のエラー連発に辟易した事がストレスに発展するレベルの迷惑メーカーだったのです。
 我が名鉄「いもむし」3400系も早々の餌食となりました。言いたいところは幾つかありますが、一番やってはいけないのはスカートの欠き取りでした。エバーグリーン受賞した頃の台車履き替えで、やむなくスカートを欠き取ったのは仕方無いところ。ところがその無様な姿をいかにも当たり前のようにスカーレット塗装で製品化してしまったところに、このメーカーの誠意の無さを感じてしまった次第。
 だから、なんとか模型で復元改造したのです。意地だったのかもしれない。詳しくはコチラからどうぞ。

e0001571_0593469.jpg
 スカートの復元はもとより、台車のスカートに隠れる部分は容赦なく削った…。走行も問題は無かった(317R以下は分からないが…)し、少なくともビジュアル的に何の問題も無い。何でこの程度の事がメーカーにできないのか憤慨した時代でもあります。

e0001571_101835.jpg
 当時の渾身の改造3400系。新たなオーナーの元でどういう扱いを受けているのだろうか?手放してしまったから、もう、どうこう言う資格は無いのだけれどね…。


 ただね、初めて見た「いもむし」。はっきり言って気持ち悪かった…。小学高学年くらいの頃だったと思う。「なまず」は普通に接する事ができたんだけど…。デザインと世代の感覚は一致しないという事なのか。


 個人的な意見ですが…

 「いもむし」のデザイン。やっぱり好きではないな…。
[PR]
# by tank2pc | 2013-11-20 01:11 | 模型と実車 | Comments(0)

台風26号が去って……

 ちょうど25年前の夏の事でした。

 周知とはいえ一週間の婚前旅行となり、けじめとして結婚する旨の報告をするつもりで帰宅した日、私の親は伊豆大島に家を買うと言って不在だったのでした…。余計な物を買う事を懸念する弟が「なんとかしてくれよ」と訴えてきたのですが、親ならばこそ、それが満足いくことならばと静観しておりました。結果として我ら兄弟の貯蓄を足しになんとか購入に至る事になります。まァ、それだけ安価であった訳ですが…。(バブルでもあったし)
 当然ながら安いのですから、それはとても古い家です。本当にボロ屋です。お世辞にも別荘なんていったら詐欺です。しかし伊豆大島という場所で生活できるベースがあるという意味ではとても有意義なものであったのは事実です。


 私の父は嫁をとても可愛がってくれて、三人で伊豆大島で過ごした事は、父と接する時間が少なかった私にとても密度の濃い時間でありました。
 親として息子が生涯を共にする女性を連れてきたことが、唯一父子が本当の接点を見いだした時だったのかもしれません。正直父親と一緒にいて本当に楽しかったのはこの伊豆大島のひとときであったと、それは今でも実感しています。いや、本当に伊豆大島での父と嫁と三人で過ごしたあの時間は本当に幸せでした。
 我が家族は一人息子が生まれ幼稚園に通う頃になると休みの関係で頻繁には伊豆大島に行けなくなりますが、それでも可能な限り通い続けます。東京から至近でありながら行きにくい離島という環境が現実を忘れさせてるれる本当に素晴らしい場所であるのは確かです。



 台風26号が通り過ぎ残酷な現実を突きつけます。東京から一番至近のあの素晴らしき美しき離島の災害でした。懐かしき景色の惨劇でした。
 TVモニターには、当時何も分からなくて飛び込んで教えを乞うた釣り具屋さんや、夕方には必須のビールを買いに行った酒屋さんが流木の被害を被った姿を映し出している…。それ以上にお世話になった方々の安否が気になる。
 そして、どうやら父親が購入したその家は完全に土石流にのまれ跡形も無い状況であると認識できた…。



 伊豆大島は13年前に引き払っています。もし、そのままであれば私の母はその災害に飲込まれていた事でしょう。大島で急激に老いてしまった父を心配し離島の不便さと今後の事を話し合い、房総半島に移転してるので今回の被害には無縁であったのですが、当時伊豆大島でお世話になった方々の事を思うと胸が痛みます。父にあの家を売っていただいた方は無事なのでしょうか?その後、その家を買っていただいた方は無事なのでしょうか?
 親の付き合いであり、旅行者に過ぎない私とつながりがある訳ではありませんが、正直、当時の事を思うととても他人事ではないのです……。


 台風26号により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。そして一日も早い復旧復興を願っています。
[PR]
# by tank2pc | 2013-10-17 01:26 | 雑記 | Comments(0)

運輸省規格型のHL車 名鉄モ3750形

 名鉄HL車「モ3750形」と言われても?がついてしまいますよね。模型制作にいいネタがないか探していたところで見つけたのがモ3750形でした。車両番号が3750番台なので車体更新HL車3700系列が最初に思い浮かびますが、モ3750形はそれ以前の車両です。正直この車両の存在は知りませんでした。

 きっかけは模型制作のネタ探しですが、気になった車両を詳しく知りたくなるのは鉄チャンの性。まして名鉄ですからなおさらです。しかし残念ながらそんな時代の資料など持ち合わせていません。検索してもWikipediaくらいしか出てきませんが、出典が鉄道ピクトリアルなので現時点ではモ3750形の貴重な資料となります。

 モ3750形は火災で焼失したモ910形914とモ3300形3301・3304の3両から主要機器を流用して昭和24年に誕生しました。車体は運輸省規格型で新製しているため3800系の車体を持ったHL車といったところです。シル有り・ガーランドベンチレーターなので外観は昭和23年製の3800系と同一と思われます。運用については元々は大ドス3300系列ですから、HL他系列と柔軟に編成を組成していたのではと勝手に想像しています。

 地味な存在ですが名鉄では重要な立場にありました。それは昭和29年にモ3751・モ3752がカルダン駆動に改造されます。翌年に5000系登場を控えた年でもあり、モ3752を方向転換してモ3751とユニットを組み、実用試験に臨んだのではないかと推測しています。そしてク2080形2081をつなげた3両編成で運用に就いたそうです。

 さて、ここからちょっと複雑になっていきます。昭和38年にモ3751は元のHL車に戻り、モ3752は電装解除されてク2751となります。当時名鉄の付番慣例から新形式誕生といってもよさそうな事例ですが、そのような事はなかったようです。
 3700系列への車体更新第2弾が始まろうとする頃でもあり、半鋼製HL車は頻繁に組成変更が行なわれていたと想像できます。車体番号からモ3751とク2751が固定編成を組んだとは言いきれないし、同一形式であるモ3753をつなげた3両で「モ3750形」編成を組んだ可能性も高かったと思われ、断定できないもどかしさがあります。

 翌39年には3730系の増備が始まり車両番号が足りなくなることからモ3750・ク2750形はモ3250・ク2250形に改称。同時期に車体の修繕も行なわれシル埋め込み・アルミサッシ化にモ3250形2両は高運化されるので、この辺りからリトルジャパン3800系キット等で模型として再現できそうです。

 モ3250・ク2250形として改番・修繕が行なわれつつも車体更新HL車3700系列増備が最終段階に入り、昭和41年に3780系に機器を供出した後、付随車サ2250形となって出場。めぐるましい変貌はここで終了します。

 車両番号の変更は以下のとおり、たかが3両ですがややこしいですね。
モ3750形3751 →       → モ3250形3251 → サ2250形2253(高運)
モ3750形3752 → ク2750形2751 → ク2250形2251 → サ2250形2251
モ3750形3753 →       → モ3250形3252 → サ2250形2252(高運)


e0001571_2224289.jpg
 模型ネタ探しがきっかけで、私鉄ガイドブック・シリーズ第3巻で永年不明だったサ2250形の出自に結果的にたどり着く事になりました。
 築港線専用車となってデキにはさまれ運用に就きましたが、あっけなく昭和44年には廃車となります。
 デキの台車を履いた3800系車体付随車のプッシュプル運転。模型的には晩年の姿がおもしろそうですね。

 写真から編成は以下のように推測できます。
←豊橋 サ2253+サ2252+サ2251 岐阜→
[PR]
# by tank2pc | 2013-10-05 22:09 | 模型と実車 | Comments(0)

初めての鉄道雑誌

 それは小学生でした。同じ鉄道ファンの同級生と本屋で見つけた鉄道雑誌。表紙は沿線を走る東急3000系のサイドビュー。駄菓子屋レベルのお小遣いしか持ち合わせない我々には遠い世界のお話。とても買えるレベルのものではありません。

 ところが翌日、その同級生は魅惑の雑誌を私の目の前につきつけるのです。どうやらその後すぐ買ってもらったらしい。悔しい…。

 もう、こうなるとこちらも我慢なりません。とにかく欲しい。数日に渡っておねだりを執拗に繰り返します。必死でした。なりふり構わないというのはこの時が初めてだったのかもしれません。根負けした親から遂に手にした雑誌の名は「鉄道ジャーナル」。


 魅了の内容は私鉄の新車紹介。しかし小学生の私が内容を把握できるものではありません。だいたい漢字もろくに読めないのですから実質絵本となっていた訳です。それでも分からないながら毎日毎日食い入るように見つめていたのです。


 特に強烈に脳裏に残ったのは折り込みグラフの阪急。俯瞰から写し出された見開きは、未知の私鉄との出会いであり写真の迫力に圧倒させられたのでした。それはモノクロで真っ黒な印象のせいもあったけど、貫通扉の車番とくっきりした窓枠にセンスの良さを感じたのだと今では思っています。
 特に異様に感じたのは線路の幅が広く見えた事。なにせ標準軌は新幹線のものと決め込んでいた幼き頃だから仕方ありません。新京成沿線に住んでいたくせにね。まァ、こんなもんです…。



e0001571_2230215.jpg
 40年も前の事なので残念ながら内容はほとんど記憶がありません。ただ、この表紙の鉄道ジャーナル。これが今の自分の趣味を広げた思い出の一冊です。
[PR]
# by tank2pc | 2013-09-19 22:44 | 雑記 | Comments(0)

名鉄瀬戸線と6000系

 名鉄瀬戸線は私にとって縁遠い路線です。他線との接続がない孤立路線で、走っている車両や運行形態に面白味が無かった事もあります。しかし瀬戸線の車両を全てステンレス車に置き換える計画がある事を鉄道雑誌で知り「これはイカン」と少しだけ立ち寄ったのが7年前の事。

 寄り道程度だったので時間はあまりとれません。最後の吊り掛け車6750系に乗りたかったので、栄駅でしばし車両ウォッチング。といっても6000系列ばかりなので面白味はありません。幸い待つ事もなく6750系急行に乗車できたのはラッキーでした。
 懐かしの吊り掛けサウンドを楽しみつつ喜多山で下車。夏の日差しがきつかったけどデキが入れ替え作業中で気が紛れます。そしてやってきた6000系で折返し、大曽根から家族と待ち合わせの金山に向かいました。
 たったこれだけ。たったこれだけですが最後の吊り掛け車に乗れた事で目的は達成となりました。

 瀬戸線というと600V時代の印象や、栄乗り入れでやっと冷房車が転属されても新型6600系は非冷房。近代化を進めつつ導入される車両は旧型車の機器流用車であったりと種々事情はあろうとも、どこか格下感が拭えないイメージでした。

 そんな瀬戸線をチラ見したのが平成18年。都心部は大曽根まで立体化され近代化も進み、本線系と比べてもなんら遜色ありません。車両もいつのまにか大量転属した6000系が半数を数え瀬戸線の主流となっています。6600系を加えれば2/3が6000系列となるのです。
 雑誌の中での話だったとはいえステンレス車置換えの内容は、6750系の廃車と6000系本線系列復帰で7000系を玉突きするという旨。ローカル線区での抵抗制御車は重宝とのことで、6000系は当分幅を利かす事を宣言し、さっさと7000系列SR車を終焉させたいという当時の経営陣の考えであったのでしょう…。

 しかし6000系だけでも156両の大世帯。閑散区間に集中投入したとしても、これほどの抵抗制御車が必要とは思えません。6000系は最高速度に制限もあるしワンマン仕様も既に足りています。特急政策の変更で1000系の生まれ変わり5000系登場は6000系本線復帰を不要にさせたように思えます。ほんの1〜2年で名鉄を巡る環境は大きく変わったのです。
 そして瀬戸線用新型4000系は着実に増備を進め吊り掛け車を駆逐し、遂に6000系からも廃車を出す事になったのです。



 廃車を出す事になった6000系ですが、ここ数年6000系列の模型製品化の充実には目を見張るものがあります。しかしそれ以前のなんの素材も無い頃はいかにして6000系列の制作に腐心したのか、当時が懐かしくもあります。

e0001571_21341748.jpg
 そんな当時制作の6000系は京急2000形3扉キット(クロスポイント)がベース。側面は切り継ぎの必要があります。前面はGM京王5000系。これは昔塗装済みの富士急として発売されていたのですが、塗装があまりにも酷くジャンクとして余っていたものを有効利用しています。でなければ勿体無くて使えませんね。


e0001571_2135745.jpg
 こちらは鉄仮面バージョン。小窓とクーラーで6800系ですね。ボディはGM黒歴史「中国製阪急一体ボディ」がベース。正面と扉は京急2000形3扉キットから。
 こんな程度の物でも名鉄電車が形となる事で、それなりに欲求を満たしてくれる存在だったのです。もう10年以上前の話ですが…。



 6000系の廃車を聞き、これも時代の流れなどとのんきに構えていたら、4000系はいつの間にか15本が揃い6000系も残り3本。既に6本24両が廃車となっています。兄弟車6600系においては形式消滅しました。本線系統の6000系は今のところは安泰だろうが、瀬戸線所属の6000系は4000系増備と共に廃車となると思われます。
 4000系が出揃うのも時間の問題です。喜多山駅付近の高架が完成すれば緩急接続型ダイヤの期待が高まります。瀬戸線はもう過去のイメージで捉える事のできない路線に変貌しているのですね。
[PR]
# by tank2pc | 2013-09-16 22:09 | 模型と実車 | Comments(0)

カテゴリ

名鉄7000系
名鉄7500系
名鉄5200・5500系
名鉄3400系
名鉄3700系Ⅱ
名鉄3730系
名鉄3780系
名鉄3800系
名鉄3500系
名鉄3550系・モ3561
名鉄800系
名鉄デニ2000形
名鉄180・400形
名鉄1380系
名鉄7100系
名鉄3300系Ⅱ
名鉄6000系
長電2000系
地鉄10020形
京急
北総7150形
京成
新京成
関東
関西
地方私鉄
非電化
旧国
フリー
鉄コレ
模型制作今昔
地面
模型と実車
パノラマカー雑感
模型雑記
雑記

最新の記事

懐かしの電車から〜京急230形
at 2015-02-15 18:52
懐かしの電車から〜東急3500系
at 2015-02-08 17:42
新京成とピンク
at 2015-01-25 20:49
記憶の中の電車達
at 2014-12-27 20:15
久し振りの模型〜小田急デニ1..
at 2014-03-21 20:53
新生「名鉄」最初の新型車 3..
at 2013-11-20 01:11
台風26号が去って……
at 2013-10-17 01:26
運輸省規格型のHL車 名鉄モ..
at 2013-10-05 22:09
初めての鉄道雑誌
at 2013-09-19 22:44
名鉄瀬戸線と6000系
at 2013-09-16 22:09

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
more...

最新のトラックバック

パノラマカー(P6編成)..
from Sharala Blog

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧