<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鉄コレ京急1000形(2)

e0001571_1741081.jpg
 鉄コレ京急1000形の出来の良さから早速N化といきたかったのですが、18m動力が品薄で再販を待つしかなさそうです。おまけにPT43やTNカプラーも同様に手に入りにくい状況…
 とりあえず出来る範囲で準備だけ進めて行く事にしました。

e0001571_1743714.jpg
 まず連結面間。あまりにも開き過ぎですね。カプラーの一部をカットすれば間隔を約半分にできますが、アンチアーノルトの自分としては鉄コレ用のカプラーユニットを使ってカトーカプラーに交換しました。
e0001571_1745857.jpg
 TNカプラーにすればより実感的ですが、現時点では動力に取り付けられません。最新の201系用動力がTNカプラー対応になったそうで、既存の動力にも順次対応される事を望みたいところです。
 車輪は余っているGM台車から、ウエイトは釣り用の板オモリで少しでも安上がりに済ませます。

e0001571_1751622.jpg
 そして別パーツのアンテナを取り付けます。アンテナは無理がかかると破損しそうなので、ランナーの外側からカットして無理がかからない状態にしてから切り出します。

e0001571_1754132.jpg
 アンテナ取り付けには屋根を外して穴を開ける必要があります。そこで床板を外してみるとパンタスペースが空いていて屋根固定ビス穴も2つあります。
 これはパンタ搭載の準備がなされているという事なのでしょう。次回発売の可能性があるのなら今までの実績から琴電の可能性が高そうです。個人的には1000形Dグループあたりを期待しているのですが、難しいかな〜。
[PR]
by tank2pc | 2011-01-28 17:09 | 鉄コレ | Comments(0)

鉄コレ京急1000形

 これほど通常販売にしてくれたらと思ったモデルはありません。それは鉄コレ京急1000形。限定販売はちょっとつらい。15日にも500セット限定通販があるようだけど、きっと瞬殺確定だろうな…。

 京急1000形は最愛なるパノラマカーと並ぶほど好きな電車です。それだけに落胆は大きかったのですが、それはちょっと前までの事でして。
 ありがたいことに友人が多めに購入していてくれたのです。まさかまさかの鉄コレ京急1000形。まさしくお年玉といったところです。ありがたいことです。本当にありがとう。
e0001571_22402619.jpg
 さて、製品としては恵まれている京急1000形。なぜ鉄コレで出たからと言ってこんなに大騒ぎするのかわかりますか?
 それは、お馴染みGMキットは古いだけに今となってはちょっと時代遅れ。おまけに余計な改良で正面イメージが違ってしまったのが現状です。昨年一体ボディとなってリニューアルされたけど値は張るし、最近のGM動力は信頼性があまりにも低い。
 マイクロエースからも出ていますが、この正面は京急1000形とは言いがたい造作だったりします。私は持っていないのでわかりませんが、他にもなにやらおかしなところが多々あるようです。
 昔から製品がある恵まれた環境ではあるけれど、1000形ファンにとっては消化不良だったのは否めません。それだけに鉄コレ京急1000形製品化の期待は高まっていった訳です。

 ところが、せっかくの製品化も事業者限定販売はつらいところです。人気の高い電車だけに出し惜しみせず一般流通に乗せて欲しいと切に願うところです。

 それでも手に入れることができたのですから、その幸運に感謝しつつ開封してみました。最近の鉄コレの完成度はかなり良くなっているようで、あの酷かった塗装も影をひそめています。ブラシ塗装を知っている者からみれば皮膜の厚さは気になりますが、それでも完成品レベルとなりつつあるのは確かです。
 屋根上も別パーツなのでクーラーとモニターをライトグレーで塗装すればかなりの仕上がりになるのは見て取れます。欲を言えば車体の光沢がもう少しあればと感じましたが、価格をみればそこまでは言えない。それが不満であればクリアーを吹ければ解決することです。それだけに限定販売はやっぱり惜しい…。

 さて、せっかくなので手持ちのGM1000形と較べてみました。形としては北総7150形となっていますが、初期タイプの正面を使っているから個人的にはこれまでの最良のスタイルとして納得していたのです。
e0001571_22412846.jpg
e0001571_22414160.jpg
 サイドから見る限りは、四半世紀の差を思えば当時のこのキットの役割は絶大なものだったのです。比較した作例の北総7150形は東急クーラーを流用していますが、大きさの違いこそあれ、それらしくできる良さがあります。それだけにこのキットの自由度というものが、現在の模型趣味として続けてこれた原動力になった素材であることに間違いはありません。

e0001571_22421630.jpg
 しかし、正面を較べてみたら……デ、デカい_| ̄|〇
 遥かなるスケールオーバー。
 GM1000形に限らず、GMキットの車体がどうにもしっくりいかないと感じていた原因はここにあったのか…。
[PR]
by tank2pc | 2011-01-12 23:01 | 鉄コレ | Comments(2)

カテゴリ

名鉄7000系
名鉄7500系
名鉄5200・5500系
名鉄3400系
名鉄3700系Ⅱ
名鉄3730系
名鉄3780系
名鉄3800系
名鉄3500系
名鉄3550系・モ3561
名鉄800系
名鉄デニ2000形
名鉄180・400形
名鉄1380系
名鉄7100系
名鉄3300系Ⅱ
名鉄6000系
長電2000系
地鉄10020形
京急
北総7150形
京成
新京成
関東
関西
地方私鉄
非電化
旧国
フリー
鉄コレ
模型制作今昔
地面
模型と実車
パノラマカー雑感
模型雑記
雑記

最新の記事

懐かしの電車から〜京急230形
at 2015-02-15 18:52
懐かしの電車から〜東急3500系
at 2015-02-08 17:42
新京成とピンク
at 2015-01-25 20:49
記憶の中の電車達
at 2014-12-27 20:15
久し振りの模型〜小田急デニ1..
at 2014-03-21 20:53
新生「名鉄」最初の新型車 3..
at 2013-11-20 01:11
台風26号が去って……
at 2013-10-17 01:26
運輸省規格型のHL車 名鉄モ..
at 2013-10-05 22:09
初めての鉄道雑誌
at 2013-09-19 22:44
名鉄瀬戸線と6000系
at 2013-09-16 22:09

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
more...

最新のトラックバック

パノラマカー(P6編成)..
from Sharala Blog

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧