完成するのかしないのか…。本人でもわからない模型制作記。
by tank2pc

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
忍者ツールズ

ブログパーツ

フォロー中のブログ

とれいんスピリッツ
taka@でございます!
古い記憶の中の駅を探して
中央駅業務日誌
資料館の書庫から
湘南ジオラマ
鉄道趣味などのブログ
ふかしゃ工房
鉄道模型製作記
SHARALA
やるき30%のブログ
LMの鉄道模型ブログ
OKIの20年工作
マルコの大冒険Nゲージ編...

外部リンク

Official

ライフログ

カテゴリ:新京成( 20 )

新京成を作って

 いつもは途中でそれて仕掛りを増やしてしまうのに、脇目も振らずに完成となった新京成100形。というのもそれは締め切りがあったからなのです。恥ずかしながら鉃道模型誌の特集の一コマとして初掲載となりました。自分流でしかない我が愚作が貴重な誌面を汚していいものかと不安もありましたが、いろいろな面で少しでも何かが向上できるものならばと、お言葉に甘えての事でした。
e0001571_17184942.jpg
 弊ブログでは写真がヘタッピなのをいいことに粗隠しできたけど、プロのフォトグラファーの手にかかれば誤摩化しはききません。手を抜いたところもばっちりと写ってしまいます。もっと丁寧に作らなければいけないと反省しきり………もし、よかったら見てやってくださいませ。


 ということで、新京成制作は無事に終了となりました…いや、一旦終了としましょう。まだまだ、さらに納得がいくまで制作はまた始まるのではないか、という予感がなきにしもあらず…。

e0001571_17203977.jpg
 メインは100形だったけど最終的に6両で落ち着いた新京成。自分のお気に入りは正面です。(写真はクリックで大きくなります)
[PR]
by tank2pc | 2009-03-20 17:56 | 新京成 | Comments(6)

新京成クハ500(2) 青電100形を編成にしたい

 ここのところ浮気もせずに集中制作していたしていた新京成もそろそろ終了にしたいと思います。急遽制作のクハ500のための窓拡大改造。 天地方向の切り継ぎによる効果は較べてみるとこんな感じです。
e0001571_22571078.jpg
 もうこのような改造をする事は無いと思いますが、時と場合によっては、こんな無茶な切り継ぎも仕方無いのかもしれません。


e0001571_2311978.jpg
 旧型車の窓は基本的に窓嵌め込みでは無いので塗装終了と同時にほぼ完成となります。ネタを明かさなければベースが鶴見臨港とはわからないし、いい具合で京成に化かせたような気がします。


e0001571_23151100.jpg
 車高も少し稼いだので100形に挟まれた編成にすると、そのデコボコ感がこんなのもあったような気がする幼少の記憶。果たして本当のところどうだったのだろうか。とはいえ思い出の電車・新京成青電。とりあえずこれにて終了 \(^O^)/
[PR]
by tank2pc | 2009-02-26 23:07 | 新京成 | Comments(0)

新京成クハ500(1) 青電100形を編成にしたい

 新京成100形青電を編成にしたくて、追加制作に取りかかったのは新京成クハ500。当時どのような編成があったのかはわかりませんが、100形と同時期に新京成に移籍しているので、多分間に挟まれて走っていたのではないだろうか、という推測からです。

 素材は鶴見臨港100をベースに乗務員扉は銚子501、ドアと屋根は小田急1600、正面は東武7300の鉄コレオールスター。
e0001571_22141819.jpg
 ただ鶴見臨港100だと窓天地が小さいですね。そこで窓を拡大するため天地方向で切り継ぎます。1両で側面1枚分に満たないので3両を…最初に鉄コレ改造した京成109タイプを思うと、随分と大胆になったな〜、というより、もうアホですな。

 真横に切ってしまったため余った部分はもう使い道が無いのでストックパーツにもならず、ちょっと勿体無い事をしたような気もします。しかし鉄コレ第1弾は塗装を落とせば結局は皆同じボディ。大量に並んだ鶴見臨港…。それをやっと有効利用できたのだから結果オーライかと。それでも鶴見臨港100、まだ残っています…。
[PR]
by tank2pc | 2009-02-25 22:17 | 新京成 | Comments(0)

新京成126形(2)

 新京成沿線に住んでいた当時は、マルーン塗装に混じってやってくる赤い電車は明らかに出自が違う事を子どもながらに感じたものでした。それは後々わかった事ですが小型車45形から始まった新京成スタイルのこの126形だったということです。
e0001571_17204032.jpg
 126形は100形の増備車で当初は制御車として登場。電装されたり解除されたりでそのまま新京成にやって来た電車。100形は京成による更新だけど、126形は新京成での更新なので全く異なるスタイルとなりました。

 制作した100形を編成とするため、鉄コレ廃車体利用で大雑把な制作となりましたが、出来上がってみればそれなりにお気に入りとなっています。
 さて、100形との編成があったのだろうか。それは全くわかりません ┐(  ̄ー ̄)┌
[PR]
by tank2pc | 2009-02-24 17:26 | 新京成 | Comments(0)

新京成100形(6)

 こちらは東武ベースにした100形。雨樋を微妙に変えて馴染みの新京成色にしました。とりあえず新京成100形はこれにて終了。本当はもう少し数は欲しいのですがこれ以上鉄コレのジャンクを築くのは心が痛むし財布も傷む…。本心はもうこれ以上作業したくない。きついっス、新京成100形改造制作。
e0001571_22362177.jpg
 東武ベースだとほんの数ミリ車体長が短くなってしまいますが、オーバーハングの短い100形再現にはこちらのほうがいいかもしれません。なので動力は見送り、走行に関しては間もなく完成の126形と組む事で解消しようかと。
[PR]
by tank2pc | 2009-02-21 22:38 | 新京成 | Comments(0)

新京成100形(5) 東武前面

 ボディの1/3を提供して用が無くなった鉄コレ東武7300系。試しに幅を狭めてみたら、なんかいけそうな気がする〜。
e0001571_19245654.jpg

 左右の窓にレザーソウで切り込み再び接着。切り継ぎの手間が増えるけど犠牲になる鉄コレを思うとこの方が良かったかもしれません。もう遅いけど…。
[PR]
by tank2pc | 2009-02-20 19:47 | 新京成 | Comments(0)

新京成100形(4)

 新京成沿線に住んだのは6歳まで。だからそんな頃の記憶しかないから模型にするのは難しい。それが十数年前に専門誌に組まれた新京成特集で火がついた。しかしすでに長年接していない電車を紐解くのだからその内容はなかなか頭の中に入らない。多分その専門誌が一番ページを捲っただろう、もうボロボロです。
 誌面の都合でそれが全てではないから自分の欲求は満たされないのは当然。あとは現状では検索でサイト巡りをするしか方法はありません。しかし自分の幼年期の頃の記録をした人達はすでに還暦を過ぎているだろうからサイトとしてアップしている可能性はかなり低い。PCに接することができた自分でも最近はPC上での制作は苦痛になっていますから…。

 さて、ぐだぐだと書きましたが何が知りたいかというのは、新京成で走った京成青電塗装の事実なのです。それが今日ひょんなことから解決したような気がして…。時代背景から写真は白黒だけど、側面に「KDK」のロゴがあれば青電色なのではないかと。それは探し当てたサイトで104形が希少なカラー写真で青電色だったことがきっかけで…。
 京成から移籍してしばらくはそのままの状態で走っていたようで、その後マルーン・クリームのツートーンの新京成色に変わっていったのではないかという推測。幼少の自分はその過程で見た青電に大喜びしていたのではないのだろうか。
 ならば臆する事は無い。京成青電色に塗って新京成です。と、堂々と言おう。青電。地味な色合いだけど自分にとってはとても素敵な華のある電車の色だったのです。
[PR]
by tank2pc | 2009-02-15 22:40 | 新京成 | Comments(2)

新京成100形(3)

 名鉄3550系が仕掛りとして残っているのに気がついた。そういえばここのところ名鉄をいじっていない。早いところ形にしたいなァという浮気虫が出てきたけど、今回は新京成を最優先と言い聞かせ制作を続けています。

 新京成100形は思い出の電車。幼児期、駅前の団地に住んでいたから新京成は毎日のように見れる素敵な日々を過ごしていました。残念ながら就学を前にこの地を去ることになり新京成の記憶もおぼろげになっていきます。
 新京成の存在すら忘れた頃、専門誌で特集が組まれたことで当時の記憶が蘇り、自分の好きだった電車が100形である事がわかりました。そんな電車が無性に懐かしく、もう存在しない事が悲しくて、Nゲージを再開した頃だったからなんとか形にできないものかずっと模索していたのです。
 それが今回の鉄コレ第9弾。待ちに待った素材でもあるのです。だから今回は浮気せず新京成100形の制作に没頭しています。思っていた以上に手間がかかり苦戦しましたが、とりあえず鉄コレ山陽をベースにした分は、当時一番好きだった新京成電車になりました。まだ東武ベースが残っているので気は抜けませんが……名鉄を(。_°☆\(- - ) バシっ!


e0001571_22481222.jpg
 って、これ京成じゃない?いえいえ新京成です。移籍後、塗装もそのまま走っていたのです。京成青電が大好きな電車だったから「京成よりもちょっと小さい」と感じてはいたけれど、それだけでかっこいい電車となっていたのです。当時の記憶はまさしく100形ですね。ただそれとは別に新京成旧色のマルーンの100形も沢山走っていたのだけど記憶が無い…。
[PR]
by tank2pc | 2009-02-13 23:00 | 新京成 | Comments(0)

新京成100形(2)

 もう10年くらい前になるけどGMゲタ電の窓割りが合うことからから京成100形を作ったことがあって、今回の鉄コレ第9弾は新たに京成100形制作すべく楽しみにしていました。特に東武は戸袋の配置から絶好の素材なのです。しかし東武はもの凄い人気で中古のシークレットが4,000円…。仕方無いので山陽をベースに計画変更したのです。

 63系ベースだから同じと思っていたサイズが実は東武と山陽では微妙に違うことが分かり、100形制作にはサイズ的に山陽の方が合致するのです。しかし正面に使う小田急(近江)1600には東武の方が合がいい。本来ならばここが悩みどころなのですが東武は入手困難なので必然的に山陽をベースとなったのです。

 東武だと2両で1両しか作れませんが、山陽は切り継ぎが発生しますがその代わり無駄無く使えます。ある意味でラッキーですが、切り継ぎに加え車体断面の違いから天地方向の修正が必要。思った以上に手間がかかり制作に没頭してしまい写真はありません。まあ、出来上がりは先にアップした物と変わりはないからいいかな、なんて…。

 鉄コレって開封売りの店もあったりして最近は必要に応じて購入していたのですが、いざとなると欲しい物が手に入らない。例えば長電の中間車とか…。やっかいな市場です…。
[PR]
by tank2pc | 2009-02-11 00:06 | 新京成 | Comments(0)

新京成126形(1)

 鉄コレ第9弾のシークレットの委託販売が4000円強という値札を見て愕然とした。狂気の沙汰だね。そんなに東武って人気があったのだろうか。
 そんな状況で東武2両を使って作る京成100形。東武ファンの悲鳴が聞こえてきそうです。だけど東武にはそれほど思い入れは無いのでサクサクと制作は進めます。ただそれ以上に気になるのは正面を供給して転がっている小田急1600。自分としてはこちらの方が不憫なのです。ということでこいつも新京成に化かします。
e0001571_22352936.jpg
 ちょうど名鉄3730系の制作で豊鉄1750の正面が残ってます。幅が広いので中央をレザーソウで分断して幅を縮めてみました。組んでみるとそれなりに京成顔になりますね。ということで新京成126形急遽制作開始です、…って。
 また寄り道してしまった。新京成100形、さっさと仕上げねば。今回ばかりは…。
[PR]
by tank2pc | 2009-02-08 22:39 | 新京成 | Comments(0)

カテゴリ

名鉄7000系
名鉄7500系
名鉄5200・5500系
名鉄3400系
名鉄3700系Ⅱ
名鉄3730系
名鉄3780系
名鉄3800系
名鉄3500系
名鉄3550系・モ3561
名鉄800系
名鉄デニ2000形
名鉄180・400形
名鉄1380系
名鉄7100系
名鉄3300系Ⅱ
名鉄6000系
長電2000系
地鉄10020形
京急
北総7150形
京成
新京成
関東
関西
地方私鉄
非電化
旧国
フリー
鉄コレ
模型制作今昔
地面
模型と実車
パノラマカー雑感
模型雑記
雑記

最新の記事

懐かしの電車から〜京急230形
at 2015-02-15 18:52
懐かしの電車から〜東急3500系
at 2015-02-08 17:42
新京成とピンク
at 2015-01-25 20:49
記憶の中の電車達
at 2014-12-27 20:15
久し振りの模型〜小田急デニ1..
at 2014-03-21 20:53
新生「名鉄」最初の新型車 3..
at 2013-11-20 01:11
台風26号が去って……
at 2013-10-17 01:26
運輸省規格型のHL車 名鉄モ..
at 2013-10-05 22:09
初めての鉄道雑誌
at 2013-09-19 22:44
名鉄瀬戸線と6000系
at 2013-09-16 22:09

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
more...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パノラマカー(P6編成)..
from Sharala Blog

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧