完成するのかしないのか…。本人でもわからない模型制作記。
by tank2pc

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者ツールズ

ブログパーツ

フォロー中のブログ

とれいんスピリッツ
taka@でございます!
古い記憶の中の駅を探して
中央駅業務日誌
資料館の書庫から
湘南ジオラマ
鉄道趣味などのブログ
ふかしゃ工房
鉄道模型製作記
SHARALA
やるき30%のブログ
LMの鉄道模型ブログ
OKIの20年工作
マルコ脱落者の空飛ぶかん...

外部リンク

Official

ライフログ

カテゴリ:フリー( 6 )

自由型で気分転換 〜過去の制作記録から〜(2)

自由型で気分転換 〜過去の制作記録から〜(1)の続き


 今回はどこまで短期間で仕上げるか、自分への挑戦。

 実質制作2日目はサフ吹きから。
 下地塗装は大切なプロセスですが地味な作業なので好きになれません。だけど今回は車体が小さいせいか早々に終了。なので可能な限り先に進めます。

e0001571_22545864.jpg
 切り継ぎ部分に多少甘いところがあったけど、時間短縮のため正面の警戒色の黄色を塗装。

e0001571_22552532.jpg
 車体中央部も一応サフ吹き。これはこのままでも良さそうです。

e0001571_22555486.jpg
 動力組み込みの1032はクリームを塗装してマスキング。いいペースです。失敗しない事を祈りつつ…。

e0001571_22563697.jpg
 お披露目の時に華を添えようとデキも追加してみたりして (^^)v
 手が付けらなくてほったらかしの鉄コレ第1弾も、今更ながらやっと片付きそうな予感。


 走らせるための1両、そして彩りの1両が加わり、最終的に3両に増殖となりましたが、実車が無いお気楽制作もあって実質3日で形にできました。

e0001571_22585292.jpg
 今回のメインは電動貨車。銀サッシにするつもりでいたけど、乗務員扉が旧型だったのでご覧のとおりです。
 車体色は自由型という事で一度試してみたかった西武ラズベリーです。

e0001571_22592490.jpg
 側面はこんな感じ。夜中に徘徊する電動貨車は馴染みが無いので、もうほとんど想像の世界。あれこれ突っ込まないでくだされ…。

e0001571_22595458.jpg
 急遽加えたデキは今回のベースとなった鉄コレ第1弾のひとつの名鉄デキ。塗装終了後、後付け部品のトラス棒がつかなくてアタフタ…。
 取付は諦め、ラズベリー色が重量感を損なうので、誤摩化しも兼ねて裾部を黒で引き締めてみました。また元の足廻りの貧弱さから軸間が大きい台車に変えた代わりに動力化ができなくなってしまいました。

e0001571_2305440.jpg
 そこでフリー1032の登場。こいつに12m動力を組込み編成として走行可能とします。

e0001571_2312566.jpg
 本当はこんな編成を目論んでいましたが、動力が組めないので…。

e0001571_2315534.jpg
 フリー1032を組成した旅客外のフル編成でのお披露目となると思います。
 前もって言っておきますが廃車回送では断じてありません (^_^)/~


〜以上mixi 2009年9月の記事からでした〜

 実質3日間。時間的な余裕があってこその制作です。それ以上に遊ぶ事が楽しくてのめり込む事ができたのでしょう。
 自由型という制約が無いだけに簡単なのかもしれなが、反面それ故に必要以上に自分自身が制約を課してしまう事もあります。遊び心や心身的な余裕が融合してからこそできるジャンルなのかもしれません。

 今回は(1)で申したとおり「こんな事もありました」的なmixiでの過去の制作記事です。4年も前の自由型の制作記事はいかがなものかと考えましたが、個人的な制作記録として残す事が目的なのでご了承いただければと思います。
[PR]
by tank2pc | 2013-08-30 23:33 | フリー | Comments(0)

自由型で気分転換 〜過去の制作記録から〜(1)

 もう4年も前の事ですが、mixiでお仲間のお題「自由型」を楽しんだ事がありました。弊ブログでは名鉄をメインとした制作中心の性質上、このような自由型は範疇外と控えていたのですが、mixiでの発信がほとんど無い現状でこのままお蔵入りするのもどうかと「こんな事もありました」的にmixiから移植しました。これまでの個人的な制作記録として残す事がメインなので興味の無い方はスルーしてくだされ。
 短期間制作の気分転換。お気軽な自由型の制作過程です。



〜以下mixi 2009年9月の記事から〜

 今日は写真を撮りながらの模型制作。自由型のせいか余裕がありました。こだわりも無いしね。

 使用するのは鉄コレ第1弾フリー1032。自由型のベースは自由型という安易な発想…。
短期間工作にしたいので一気に進めます。

e0001571_22365829.jpg
 張り上げ屋根にしたいのでシル・ヘッダー・雨樋を削ったけどあまりイメージは変わらなかったみたい…

e0001571_22374968.jpg
 次は床板です。15m車用を加工します。ウエイトは釣り用の板おもり。好みのサイズにできるので便利です。

e0001571_22382639.jpg
 床板の表現はエバーグリーンの筋彫りが入ったプラ板です。

e0001571_2241555.jpg
 同様にサイド部分。

e0001571_22413443.jpg
 そして1032分断!

e0001571_2241596.jpg
e0001571_22421423.jpg
 仮組しました。電動貨車に見えますよね?

e0001571_22425810.jpg
 こちらは牽引用に動力を組み込む1032。ラッキーな事にすでにドア取り替え済み。このままでも良さそうです。

e0001571_22434164.jpg
 この後は塗装準備となります。何色にしよう…これが自由型の悩みどころ…。
日がな一日、お気楽模型制作でした。

自由型で気分転換 〜過去の制作記録から〜(2)へ続く
[PR]
by tank2pc | 2013-08-30 22:50 | フリー | Comments(0)

鉄コレから〜京成モハ109タイプ(3)

 以前に諸外国での模型塗料の定番はエナメル系が主流というような話を聞きました。乾燥に時間がかかるがその後の塗装面はきれいで堅牢とのこと。ラッカー系での塗装に迷いが生じていた時期でもあり、それならばとエナメル塗料を取り入れてみようと調べてみると、溶剤がプラスチックを侵す事が判明。プラ車体のNゲージには溶剤を大量に使うエアブラシ塗装は不向きという結論に至りました。
 そんな頃、RMM誌07年8月号の付録に切り込みをいれた部分にエナメル塗料溶剤を染み込ませる事で切り抜きやすくなるという記事が。プラを侵す性質を利用するわけですね。なるほど目からウロコ。そしてその方法を試してみたのがこの京成モハ109タイプ。去年の7月のことでした。
 まもなく1年。どうにか塗装完了、と共にほぼ完成です。色差しはほとんど無いし窓ガラスも正面だけで済むからです。車体は鶴見臨港を活かし動力化を前提としたことで100形というには長さが足りず、といいながら最近制作を開始した300形のほうに動力を譲ってしまいました。
e0001571_12275038.jpg
 鶴見臨港を活かしただけでは100形というにはちょっと軽いです。窓も小さいし台車も一考有りか…。短いオーバーハングで小さいながら重厚なイメージが京成100形。今後なんとか形にしてみたい車輌です。
 そういえば鉄コレ第8弾が予告されたようで今度は16m車、発売は9月予定。今のうちに京成100形の制作方法を解決しておけばこの動力が使えるかな。
[PR]
by tank2pc | 2008-06-09 12:42 | フリー | Comments(0)

鉄コレから〜京成モハ109タイプ(2)

e0001571_0502856.jpg
 パテでデコボコ状態のままではあまりにもと思いヤスリ掛けまで済ませました。ヘッドライトやベンチレータも取り付けなんとか形になったような感じです。くどいようですがやっぱり窓が小さいかな…。この後サフを吹いて仕上がりを見極め塗装に取りかかることになるのですが、暑いからな〜。おっとその前にカプラーはどうしよう。TNカプラーはほぼ不可能と断定。ケーディーか、それとも妥協して従来のままダミーカプラーか考え中。連結相手もいないことだしダミーでもいいかな。実際には無かったのだろうけれど、近いうち作りたいミニレイアウトで単行で走れせてやるのもいいかな〜なんて。あくまでもタイプですから…そんなお気楽気分での制作がなんか楽しい。
[PR]
by tank2pc | 2007-08-12 00:53 | フリー | Comments(0)

鉄コレから〜京成モハ109タイプ(1)

 手付かずで気になっている鉄コレがある。15mの鶴見臨港100形だ。2箱大人買いしたうえバラ買いで1輛、おまけに専用ケースにまで潜んでいたから我が鉄コレでは最多輛数。残念ながら自分の知識では何に改造しようか思い付かず、やっとこさたどりついたのが京成モハ109。戦災焼失から63スタイルで復旧した異端児だ。ただ種車は窓天地が小さく車長も少し短いのですが、動力を取り付けるためにタイプとして妥協することに。ということで京成モハ109タイプ、あくまでも「タイプ」の制作開始です。

 正面を貫通化するために別の1輛から乗務員扉を捻出します。また鶴見臨港100形は片側にしか乗務員扉がないのでさらにもう1輛。都合2輛が部品供給用…なんか勿体無い気もします。63スタイルなので屋根も一部流用して食パン車体とします。正面は一度バラし貫通化してから鶴見臨港の正面とすげ替えています。
e0001571_1914075.jpg

e0001571_1915222.jpg
 ただ今隙間埋めのためパテ盛りまで進んでいますが、やっぱり窓が小さい…。いやいやタイプだからこれでいい!と自分に言い聞かせているところです。
[PR]
by tank2pc | 2007-08-04 19:08 | フリー | Comments(3)

鉄コレをいじってみる(1)

 発売されて勢い買い集めた鉄コレ。その後も買ったものの熱が冷めるのは早かった。意外と自分の好みの車輌が少ない、というより馴染みが薄い車輌ばかりだったというのが原因なのかもしれません。そんな中で唯一気に入ったのが日本自動車製12m級小型車の自由型。正面窓のHゴム化が心憎い。ちょっとしたアレンジが洗練されていて他とはちょっと差別化されている。もしかすると第1弾ではこのモ1032が一番の売りだったのではないかと勝手に思ったりしている。
e0001571_21264167.jpg
 ただ側面に関してはそのままなので、余っていたGM東急3000キットの切れ端から扉を頂戴してみました。刃入れも扉なので一段凹んでいるだけに気が楽です。東急3000の扉も天地方向に長いだけでピッタリ納まります。
e0001571_21282050.jpg

 たまにはこんな程度の簡単な加工もいいもんだ。しょせん鉄コレだし、それこそが鉄コレ。さて、自由型、何色に塗ろう。やっぱり定番のオレンジとクリームかな…。
[PR]
by tank2pc | 2007-07-29 21:35 | フリー | Comments(0)

カテゴリ

名鉄7000系
名鉄7500系
名鉄5200・5500系
名鉄3400系
名鉄3700系Ⅱ
名鉄3730系
名鉄3780系
名鉄3800系
名鉄3500系
名鉄3550系・モ3561
名鉄800系
名鉄デニ2000形
名鉄180・400形
名鉄1380系
名鉄7100系
名鉄3300系Ⅱ
名鉄6000系
長電2000系
地鉄10020形
京急
北総7150形
京成
新京成
関東
関西
地方私鉄
非電化
旧国
フリー
鉄コレ
模型制作今昔
地面
模型と実車
パノラマカー雑感
模型雑記
雑記

最新の記事

懐かしの電車から〜京急230形
at 2015-02-15 18:52
懐かしの電車から〜東急3500系
at 2015-02-08 17:42
新京成とピンク
at 2015-01-25 20:49
記憶の中の電車達
at 2014-12-27 20:15
久し振りの模型〜小田急デニ1..
at 2014-03-21 20:53
新生「名鉄」最初の新型車 3..
at 2013-11-20 01:11
台風26号が去って……
at 2013-10-17 01:26
運輸省規格型のHL車 名鉄モ..
at 2013-10-05 22:09
初めての鉄道雑誌
at 2013-09-19 22:44
名鉄瀬戸線と6000系
at 2013-09-16 22:09

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
more...

最新のトラックバック

パノラマカー(P6編成)..
from Sharala Blog

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧