「ほっ」と。キャンペーン

完成するのかしないのか…。本人でもわからない模型制作記。
by tank2pc

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
忍者ツールズ

ブログパーツ

お気に入りブログ

とれいんスピリッツ
taka@でございます!
古い記憶の中の駅を探して
中央駅業務日誌
資料館の書庫から
湘南ジオラマ
鉄道趣味などのブログ
ふかしゃ工房
鉄道模型製作記
SHARALA
やるき30%のブログ
LMの鉄道模型ブログ
OKIの20年工作
TabiOkane車輌製造

外部リンク

Official

ライフログ

カテゴリ:旧国( 5 )

旧国を作る(1)

 鉄道ファンは少し前までは口に出すのも憚るようなオタク文化となっていましたが、最近は鉄オタも世間に認知されたメジャー?な存在になったようです。しかし、なんでそんなオタクとされる時期があったのか不思議なくらいに、私が小学生の頃は鉄道好きの少年は当たり前のようにたくさんいたのですけどねぇ。
 それはさておき、当時、鉄道少年たちの花形は特急列車で、皆こぞって上野に繰り出しては写真を撮っていました。私も生まれながらの鉄ちゃんを自認するのですが、なぜかこの輪には加われず、彼らが撮ってきた写真を見るだけ話を聞くだけに終始していました。
 一度だけ、そんな仲間たちに混じって上野に写真を撮りに行った事があったけど、あまり夢中になれなかった記憶があります。
 そう、私は根っからの私鉄ファンだったのです。国鉄だって興味が無いわけではありませんが、それはあくまでも遠くへ行くための特別な存在で、トレインマークやら未知の行き先に想いを馳せるより、身近で独自の個性を持つ私鉄電車しか目に入らない。当時の鉄道少年とはちょっと違うタイプだったのです。
 親の出身が三河なので訪れる機会が多かったことから、鉄道少年が国鉄特急に憧れるのと同様に私が夢中になったのは名鉄特急。名車パノラマカーの存在は私鉄少年にはどストライクで、度々降り立つ豊橋ではパノラマカー以外は眼中無し。お隣の飯田線なんてボロのかたまりとしか捉えていませんでしたから。
 で、その偏った趣向は悔やむ事しきり。なにせ飯田線は有名な旧国の宝庫。えぇ、流電だって間近で見た事ありますが、なにか?。。。。。うあぁぁ〜〜!今思えば、なんて勿体無い事をしてしまったんだ〜、と頭を抱える…

e0001571_232122100.jpg
 さて、仕事も一段落して模型制作再開!と意気込んでみたものの名鉄電車は食傷気味でいけません。そこで、気分転換に買ってきたのはGM旧国キット。
 ストレートに組んで名鉄に華を添える程度と考えていたけど、最近はどうも改造しないと気が済まない体になっていたりして…。果たして飯田線を平気で素通りしてしまうような私鉄ヲタがGM旧国キットを楽しむことができるでしょうか…。
[PR]
by tank2pc | 2010-09-14 23:25 | 旧国

リトルジャパン クモハ42001リベンジ

e0001571_23186.jpg
 ここ最近名鉄7000系ばかりだったので、ちょいと気分転換で模型の整理をしていたところ目についたクモハ42。3年前のエアブラシ初心者の制作で塗装がヒドい。ボディの塗装面がえらくザラついている。こんなにヘタクソだったのかと愕然としてしまった。また何でこのままで完成としてしまったか理由が思い出せない。多分面倒くさいというのが大部分を占めているのではと思いますが…。ただこのままではあんまりです。幸い屋根は完全に固定されていなかったので取り外してボディはIPAに漬けとなりました。
e0001571_2315986.jpg
 私、国鉄は基本的に範疇外ですしGMキットを組んだものであればそのままであったと思います。しかしこのクモハ42はとても出来が良く限定版でもあり(というかこの旧国シリーズ自体が)もう二度と手に入らないだろうという予感から再塗装に至りました。
 限定版は車体裾リベットが1列で通常版が2列となりますが、この初回限定リベット1列タイプだと小野田線を走っていたクモハ42001しか自分の技術では制作できません。おまけに2両セットでナンバーがダブるので、クモハ42001が出ているサイトを参考に時代背景から前面を多少なりともそれらしく小改造で作り分けましたが…どこをいじったのかは覚えてません r(^^;)
e0001571_2321875.jpg
 こちらがいじった形跡のある2エンド側です。

 急ぎ足で再塗装となりましたが無事終了してホッとしています。再塗装でうまくいった事が無いもので…。とりあえず人前に出せるレベルにはなったのではないかな〜と思っています。
[PR]
by tank2pc | 2008-10-16 23:32 | 旧国

クモハ42001

 リトルジャパンというよりベースキット社の名鉄3800系を組立てたことから本家リトルジャパンのキットが如何様なものか今さらながらチャレンジしてみた。手にしたのはクモハ42車体裾リベット1列。TOMIXのゲタ電の下回りとパンタを使うため車体の組み立ては極めてシンプルなもので、出来も合いも非常にいい。バリなどもなくランナーから切り出せばそのまますぐに組み立てられる。ちょっと丁寧にしてやれば初心者でも綺麗に組む事ができる。その反面足廻りは完成部品を流用するため予想以上に手間がかかる。TNカプラーの取り付けにも前述した名鉄3800系同様の加工が必要となる。19.5メートル用の足周りに19.2メートルの車体を合わせるのだから仕方ない。それでも出来上がるとため息が出るほど繊細だ。高価だがトータルで考えればあとは塗料代だけ。GMキットと比べてもさほど金額差は無い。ましてGMと競合せず、その穴埋めするような車種を出してきたのだから旧国ファンにはたまらないだろうが、メジャーなメーカーで無いがため2両セットという欠点がある。クモハ42001が2両出来上がるのもなんだかなあといったところですが、こればかりは仕方ない。塗装を変えてバリエーションを楽しませてもらいました。
e0001571_050648.jpg
 限定版となっている車体裾リベット1列タイプは小野田線を走っていたクモハ42001に該当する。旧国は範疇外のため詳しい事は分らないが、乏しい資料から調べてみると001以外は早々に4ドア改造・廃車となっていてこのキットでは作れない。またこのキットからそのまま小野田線クモハ42001が制作できないということも分かった。該当する正面パーツが無いようなのだ。通常版を裾リベット2列とするためのデモンストレーション版だったのだろう。改造の必要のあった2エンド側はまた別の機会にでも。しつこいようだけど旧国は範疇外なもので…とりあえず旧国を作ってみたというご報告。
e0001571_0503131.jpg

[PR]
by tank2pc | 2005-10-30 01:06 | 旧国

昔のキット2

 単体のキットと共にやってきたのはエコノミーキットシリーズの身延線低屋根タイプ。私が購入するキットは私鉄ばかりなので当時は見向きもしなかったが、整然と並んだエコノミーキットの中に確かにあった記憶がある。手にとることの無かったキットであるがなんか懐かしい。
 さっそくカタログを開いて内容を確認してみると、現行の身延線低屋根タイプとは内容が異なっていた。手元のキットはクモハ41-800+クハ55+クモハ43-800+クハ47-100ができるとあるが、カタログに記載されているものはクモハユニ44-800+サハ45+クモハ43-800+クハ47-050と共通なのはクモハ43-800のみで、キットNo.403も現行品は東武8000系だ。出戻りモデラーとなって約8年位になるが、内容が少しづつ変わっている物もあることを今知った。パッケージには「創る楽しみいっぱい!」のなつかしいフレーズがある。私の場合は切り継ぎばかりやっていたので最近は「作る苦しみ」に変わっているけれど…。
 さて私が相変わらずキットを切り継いで制作を続けているのは、作ってみたくなる魅力あるキットが登場しないからだ。3年前に買ったGMのカタログには「創る楽しみ」の先の「新たな夢」と言葉は進化したようだが果たして…作るNゲージを発展させてきたGMさん、もう一度「創る楽しみいっぱい!」のキットを出してもらえないものでしょうかね。お仕着せの「新たな夢」はいらない!
 さあ私も原点に帰ってこの身延線を楽しんでみることにします。
e0001571_14191497.jpg

[PR]
by tank2pc | 2005-07-07 15:13 | 旧国

昔のキット1

 Nゲージを始めて今年で20年。実際は途中10年程のブランクがある出戻りモデラーなので偉そうに言う程たいしたことありません。完成品はほとんど買わないのでこのトータルの10年間はGMキットとの付き合いになります。
 そんな私の模型歴をはるかに上回るキットたちが我が家にやってきた。持ち主曰く25年位前に大量に買い付けたものらしい。現在でもGMからは売られているがそれはリニューアルされたもので、ここにあるキットは床下機器をダイキャストでウエイトを兼ねた初期製品。今見ると非常にチャッチイ代物ですが、当時はNゲージャーからは大歓迎だっただろう製品です。
 持ち主は欲しい人には譲ってもいい(有料ですよ)とはいいますが、私にはその価値は全く分らない。保存状態が良ければこの手の愛好家にとっては価値のあるものなのだろうが、お世辞にも良い保存状態とはいえないので組んでしまうことにした。(形になったものでもよければ私にいってください)
 ほこりを被った袋から取り出してみると多少の曲がりはあるものの組み立てることに支障は無い。単純な割に手間取りながら形にした。屋根を別塗装で仕上げるつもりなので補強が必要だろう。こうして見るとGMの歴史や製品の進化の過程が見れるようで、完成したら飾っておく価値はありそうだ。
e0001571_14302830.jpg

[PR]
by tank2pc | 2005-07-06 14:32 | 旧国

カテゴリ

名鉄7000系
名鉄7500系
名鉄5200・5500系
名鉄3400系
名鉄3700系Ⅱ
名鉄3730系
名鉄3780系
名鉄3800系
名鉄3500系
名鉄3550系・モ3561
名鉄800系
名鉄デニ2000形
名鉄180・400形
名鉄1380系
名鉄7100系
名鉄3300系Ⅱ
名鉄6000系
長電2000系
地鉄10020形
京急
北総7150形
京成
新京成
関東
関西
地方私鉄
非電化
旧国
フリー
鉄コレ
模型制作今昔
地面
模型と実車
パノラマカー雑感
模型雑記
雑記

最新の記事

懐かしの電車から〜京急230形
at 2015-02-15 18:52
懐かしの電車から〜東急3500系
at 2015-02-08 17:42
新京成とピンク
at 2015-01-25 20:49
記憶の中の電車達
at 2014-12-27 20:15
久し振りの模型〜小田急デニ1..
at 2014-03-21 20:53
新生「名鉄」最初の新型車 3..
at 2013-11-20 01:11
台風26号が去って……
at 2013-10-17 01:26
運輸省規格型のHL車 名鉄モ..
at 2013-10-05 22:09
初めての鉄道雑誌
at 2013-09-19 22:44
名鉄瀬戸線と6000系
at 2013-09-16 22:09

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
more...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
パノラマカー(P6編成)..
from Sharala Blog

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧