完成するのかしないのか…。本人でもわからない模型制作記。
by tank2pc

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ツールズ

ブログパーツ

フォロー中のブログ

とれいんスピリッツ
taka@でございます!
古い記憶の中の駅を探して
中央駅業務日誌
資料館の書庫から
湘南ジオラマ
鉄道趣味などのブログ
ふかしゃ工房
鉄道模型製作記
SHARALA
やるき30%のブログ
LMの鉄道模型ブログ
OKIの20年工作
マルコ脱落者の空飛ぶかん...

外部リンク

Official

ライフログ

懐かしの電車から〜京急230形

 横浜に越して来て一番気になった鉄道は「京浜急行」でした。初めて乗った時はワクワクしたけれど残念ながら乗車区間は横浜〜弘明寺。しかし弘明寺駅で待っている時に豪快にしかも立て続けに通過して行く運用形態は初めての体験で、その迫力と赤い電車の魅力にどんどん引き込まれていきました。

 これまでは新京成の旧型車ばかりで、京成の新性能車が憧れでしたから東横線や京急といった鉄道を知る事で趣味の世界は広がっていくのですが、スマートな新性能車の魅力から、旧型吊り掛け車は敬遠する存在に変わっていきました。

 しかし旧型とは言っても同じ電車です。230形が引退間近となった頃に気になって乗りに行ったのです。最後の運用となっていた大師線では小振りな車体と風景が妙にマッチしていたような気がします。乗ってみると不思議と魅力のある電車で、京急の代名詞であった大きな窓と独特の佇まいに引退を惜しく感じたのでした。

e0001571_1841881.jpg
 写真は構内ですが快く撮影させてくれました。まだまだおおらかな時代です。そして、往年の本線走行をさよなら運転で体験する事ができました。短い期間となりましたが230形に乗車した事は、改めて旧型車に目を向けるいいきっかけとなったのです。


e0001571_18414130.jpg
 そして30数年の時を経て遂に鉄コレで登場。無事に手に入れる事ができました。Iさん、ありがと〜。とりあえずこのままだと、さよなら運転のオールM編成が再現できますね。


 初めて「京浜急行」を見たその年、「都営1号線」と相互乗り入れが実現しました。懐かしの地と線路が1本で結ばれたのです。当時はそんな事は知る由もなく、京急に惹かれていったのも不思議な縁だったのかもしれません。
[PR]
# by tank2pc | 2015-02-15 18:52 | 鉄コレ | Comments(0)

懐かしの電車から〜東急3500系

 船橋から東横沿線に越して来たのは小学校に上がる頃。新京成で育った私にはまるで異国の地の東横線に馴染むまでは少し時間がかかったような記憶があります。とは言ってもそこは同じ鉄道です。次第に興味を向けるようになっていきます。
 グリーンやシルバーの電車。急行も走っている。新京成には無かった風景。川を渡る鉄橋や短いながらトンネルもある。乗り換えもたくさんある。そして色々な鉄道を知り、やがて私鉄電車に魅了されていくのでした。


 さて先日行ってきました、ヨコハマ鉄道模型フェスタ。目的は限定鉄コレ。出遅れて開場後の到着でしたが並ぶ事も無くすんなり手に入りました。会場も少し見て行こうと思っていたけど、あまりの人の多さに即退散。人混みは苦手なのです…。
e0001571_17274821.jpg
 今回の事業者限定は目蒲線を走っていた海坊主こと東急3500系。社会人になってから渋谷経由を目黒経由に変更してお世話になった懐かしの電車です。東横線のラッシュは凄まじく渋谷も苦手だったから、たとえ乗り換えがひとつ増えようとも旧型車にランクが下がろうとも空いてる電車を選ぶ。そう、混雑は苦手なのです…。

 そんな頃にNゲージを始めたので、作ってみたかったひとつにこの3500系がありました。残念ながら制作には至りませんでしたが、今になってこんなに簡単に手に入るとはね。時代は変わっています。

 転職するまでの約2年間でしたが目蒲線と3500系という吊り掛け車で通勤したのはいい思い出となりました。目蒲線も今は目黒線に変わり当時の面影はありませんが、東横線のバイパスとしてしっかりと昇華したのは見事です。
 ただ渋谷乗り換えは不便になったようですね。目蒲線にシフトした頃から渋谷に出る事は少なくなっていますが、そういえば地下になった渋谷は未だ降りた事が無い…。時代は変わっています。
[PR]
# by tank2pc | 2015-02-08 17:42 | 鉄コレ | Comments(0)

新京成とピンク

 暖かい日差しの中をトコトコと習志野台地を走る小さな電車が私の中の新京成。こう書くとなんともほのぼのとしたイメージとなりますが、実際は吊り掛けの轟音を響かせながら、カーブではつり革をガッチャンガッチャン網棚にぶつける大合唱。それはそれは豪快なものでした。
 車体色はクリームとマルーン。京成1600形の塗色を採用したようですが、これは親会社の都合もあったかもしれません。京成から不要となったお古が順次入線し統一感もへったくれも無い田舎電車でありました。

 そんな中でクリームと赤い色の電車がいました。表現が難しいのですが、赤味の強いクリームとマルーンと言ったところでしょうか。
 この塗色の車両は新京成が独自に更新した記念すべきオリジナル車だったのですが、39・45形と126形という小型な車両のせいか、青電色に憧れる私にとっては迫力に欠けて格下の扱いでした(笑
 近年8000形がリバイバルカラーで走っていたのでそのイメージが強いですが、褪色もあったでしょう、私の記憶の中ではクリームはほのかなピンク色。マルーンも京急の赤に近かったような気がします。
 このクリームは「キャンディピンク」というかわいい名前で、これと新京成マルーンがその後の車両に採用されていくのです。
 この新塗色登場と旧塗色に青電色が加わり、カラフルで楽しかった時代を過ごせた私は幸せだったのかもしれない。
e0001571_20402323.jpg

 2〜3両でのんびり走っていたイメージの電車もいつしか5両編成が走り出し、赤い電車も両数を増やしていたような気がします。そんな頃、私は船橋から横浜に転居することになります。最後の新津田沼駅を降りた時、無かったはずのその先に複線の線路が伸び、新たなホームが完成を待っていました。幼いながらも新たな変化を目に焼き付け、親しんだ新京成にさよならをしました。


 沿線を離れてしまったのでその後の推移はよくわかりませんが、新型車に採用されたベージュにブラウンの帯が上品で、新京成というブランドがここで完成したと確信していたのですが、しかしピンクと縁は切れないのでしょうか。ステンレス車8900形がブルーとピンクの帯で登場します。このピンクは「チェリーピンク」という名前だそうです。もっともこのピンクは褪色が激しく後に赤色に変わりましたが…。


 昨年、新たに制定されたコーポレートカラー「ジェントルピンク」が車両にも及ぶ事になりました。インクでいうところのマゼンタ80%なのでそれほど奇抜な色ではないが、車体色を白にしたためピンクという色はどうしても強烈な印象を受ける。注目を集めるという事を重視したのだろう。今後ニューカラーはどういう評価を受けるのかちょっと楽しみでもあります。

 昔も今もピンクの新京成。個人的には今のピンク、慣れてきたせいか「アリ」なのかもしれない…(笑
[PR]
# by tank2pc | 2015-01-25 20:49 | 雑記 | Comments(0)

記憶の中の電車達

 今年は仕事の変化があった事もあってか趣味から遠ざかっておりました。愛犬を亡くしたこともあるかな…。色んな事がありすぎてちょっと疲れた一年でしたが、落ち着きを取り戻しつつ思い出したのが買い忘れて1年半以上も経っていた本の事。


e0001571_204112.jpg
 購入してきたのはRM LIBRARY164と165。自分らしいでしょ。

 名鉄瀬戸線は今でこそ近代化され当時の面影はありませんが、車両も掃き溜め(失礼)といってもいいくらいにお古の旧型車がのんびりと、栄乗り入れ以前は名古屋城外堀を走る、都会である事が信じられないような路線だったのです。
 さて、このお堀電車終焉の頃の私は高校生。関東にいながら名鉄に魅了されていたのですが、当時は本線系を走るスマートなSR車に夢中で瀬戸線は眼中に無かったのです。吊り掛け駆動車はどこでも走っている時代で、たまにしか行けない彼の地ではパノラマカーを堪能する事が全てだったのです。
 今思えば鉄チャン垂涎ものを逃した事は大失態であっただろうが、後悔はしていない(わけ無いか…)_| ̄|〇
 接することができなかったお堀電車。とても大切な一冊になりそうです。

 さて、今回の本題は新京成。小学校に上がる前まで住んでいたのが新京成沿線で、駅に近かったからいつでも目の前を電車が走っている…これが自分を電車ファンにさせた鉄道であると今でも確信しています。
 親会社に「新」をつけただけの安直な名称。走っている車両もそのお古ばかり。当然ながら京成電車と比べれば格差を感じます。しかしそんな電車達も好きな人からみれば魅力いっぱいなのです。残念ながら転居をきっかけに新京成は遠い昔のものとなり必然的に記憶は薄れていくのでした。
 しかし1996年に鉄道ピクトリアルが「新京成電鉄50年」を特集したことで、懐かしさから新京成熱が再燃しつつも、限りある誌面と当時の曖昧な記憶でもどかしい思いをしたものです。
 幸いネットの時代になり思いがけない画像が見つかったり、時を経て資料的なものも充実してきたように思えます。模型で競作させていただけた事もいいきっかけになりました。そして今回もさらに当時の記憶の中の電車達を蘇らせてくれたような気がします。望めば望むほどきりはないけど、それでもあればあるほどうれしい昭和の新京成なのです。

e0001571_2044670.jpg
 京成青電と赤電、そして今回の新京成は好きな者にとってはうれしい三部作。おかげで懐かしの、またそれ以前の時代を垣間見ることができたうれしさの反面、歳を食ったと感慨にふける。でも趣味も復活してきたようだし、いい傾向でもあるかもね。うん、まだまだこれから。

 
[PR]
# by tank2pc | 2014-12-27 20:15 | 雑記 | Comments(0)

久し振りの模型〜小田急デニ1300形

 毎度の事ながら随分と空けてしまいました。さて、鉄道模型から離れていたせいか未開封のままの鉄コレ「小田急デニ1300形」。Nゲージを始めた頃になんとか作れないものかといろいろと思案した事がありましたが、当時のGMキットだけではどうにも制作にはなりませんでした。
e0001571_20431659.jpg
 そんなせいかちょっと気になって一昨年に購入したのですが、このままではなんなんで開封してみる事にしました。
e0001571_20434946.jpg
 手すりや渡り板がないので物足りなさはありますが、塗装もきれいなので手を加えるのは躊躇します。


 5年前の弊ブログの記事の一文ですが
>GMキットが主流だった頃、作ってみたい車両がこのデニ1300形以外にもいくつかありました。当時のGMキットだけではそれは叶いませんでしたが、今は鉄コレという素材のおかげで実現できたひとつに南海角ズームがあります。しかしご周知の通り鉄コレで出ちゃったんですよね…作ったそばから製品化_| ̄|〇
>鉄コレのおかげで可能性は広がったけれど、鉄コレのせいで台無しになる事もある。デニ1300形は大丈夫かなァ〜?

 そう、デニ1300形は鉄コレのおかげで作ることができたのですが、イヤ〜な予感はズバリ当たってしまったのです(泣

e0001571_20461029.jpg
 自作の小田急デニ1300形。車体は岳南モハ1107と小田急1600、ドアは阪神(GM)。

e0001571_20465352.jpg
 製品と並べてみます。

e0001571_20472733.jpg
 数少ない写真しか資料がなかったので並べてみるとちょっと無理矢理感がありますが、ひと昔前はこれが当たり前でした。

 さて、鉄コレの方はどうしようか。パンタと車輪の交換で終わりそうですが…。そういえばNゲージ用パーツの交換で「鉄コレのN化」などという言葉を散見しますが、ちょっと違和感を覚えます。鉄コレってNゲージじゃないのかな?9ミリゲージ1/150の鉄道車両モデルなのにね。
[PR]
# by tank2pc | 2014-03-21 20:53 | 鉄コレ | Comments(2)

カテゴリ

名鉄7000系
名鉄7500系
名鉄5200・5500系
名鉄3400系
名鉄3700系Ⅱ
名鉄3730系
名鉄3780系
名鉄3800系
名鉄3500系
名鉄3550系・モ3561
名鉄800系
名鉄デニ2000形
名鉄180・400形
名鉄1380系
名鉄7100系
名鉄3300系Ⅱ
名鉄6000系
長電2000系
地鉄10020形
京急
北総7150形
京成
新京成
関東
関西
地方私鉄
非電化
旧国
フリー
鉄コレ
模型制作今昔
地面
模型と実車
パノラマカー雑感
模型雑記
雑記

最新の記事

懐かしの電車から〜京急230形
at 2015-02-15 18:52
懐かしの電車から〜東急3500系
at 2015-02-08 17:42
新京成とピンク
at 2015-01-25 20:49
記憶の中の電車達
at 2014-12-27 20:15
久し振りの模型〜小田急デニ1..
at 2014-03-21 20:53
新生「名鉄」最初の新型車 3..
at 2013-11-20 01:11
台風26号が去って……
at 2013-10-17 01:26
運輸省規格型のHL車 名鉄モ..
at 2013-10-05 22:09
初めての鉄道雑誌
at 2013-09-19 22:44
名鉄瀬戸線と6000系
at 2013-09-16 22:09

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
more...

最新のトラックバック

パノラマカー(P6編成)..
from Sharala Blog

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧